SEOに対して影響力を持ち始めた新gTLD

Pocket

 
次から次へと新gTLDがリリースされている中、新gTLDの利用が検索エンジン最適化(以下、SEO:Search Engine Optimization)にどういう影響を及ぼすのかに対する関心が高まっています。

ここに、SEO・コンテンツマーケティング・デジタル広告サービスなどを提供しているアメリカのGlobe Runner社が「Jacksonville.Attorney CASE STUDY」レポートで新gTLDがSEOに及ぼす影響について語りました。

 
quotations1
アメリカフロリダ州ジャクソンビルで弁護士をしているEric Block氏のウェブサイト「EricBlockLaw.com」はSEOに弱く、PPC広告を利用してもその高い費用に比べROIが低く、Googleの検索結果ページ上で低調な順位を見せていました。

このような状況を改善するため、Eric Block氏は2015年3月、彼のウェブサイト「EricBlockLaw.com」をリニューアルすると同時に、ドメインネームを新gTLD「.Attorney」を利用した「Jacksonville.Attorney」に変更しました。

その結果、ウェブサイトのトラフィックが急速に増加。
「Jacksonville.Attorney」を成功に導くまで、新gTLDはどういう役割を果たしたのか?
quotations2

 
 
その詳しい内容につきましては、GMOブライツコンサルティング株式会社が提供している「新gTLDレポート」にてご確認頂けます。

 
newgtld-report
 

Pocket