ポケモンGoの人気で、ドメイン登録も増加

Pocket

最近、大きい熱風の起こしているポケモンGo(Pokemon Go)。

 

ポケモンGoは、任天堂の関連会社であるポケモンカンパニーとアメリカのナイアンティックが共同制作した増強現実(AR, Augmented Reality) モバイルゲームで、ポケモンGoが正式にリリースされてない韓国では、ソクチョ辺りで駆動されるということがSNSを通じて知られ、ポケモンGoをするために、ソクチョに向かう人たちで、ソクチョ行きの高速バスのチケットが売り切れる事態が起こりました。

ポケモンが出現することだけで、観光客が集まり、お店の売上が上がる現状で、Pokeconomyという新造語も登場しました。

 

このようなポケモンGo熱風が、ドメイン業界にも影響を及ぼしています。

VeriSign社のDomain Viewから見てみると、ポケモンGoがリリースされた2016年7月6日から現在までの約3週間、「pokemongo」関連キーワードで登録された「.com」、「.net」ドメインネームが約4,988個が登録されました。この中、「.com」ドメインが4,391個、「.net」ドメインが597個です。

 

 

「.com」や「.net」だけではなく、ccTLDと新gTLDまで含めると、もっと多いドメインネームが登録されたと考えられます。

 

2016年7月7日に登録された「PokeymonGo.com」は現在、Flippaでオークションが進んでいて、下記は、オークションページに掲載されたGoogleアナリティクスの画面キャプチャです。(2016年7月7日~2016年7月13日)
f3ed3c09-54ed-4c71-a432-87e22d641864

 

あるトレンド・熱風が起こると、人たちはそれと関連のあるドメインネームを登録しようとします。しかしポケモンは、商標ということを記憶した方がいいと思います。

 
※参考記事
▪ http://domainnamewire.com/2016/07/19/flippa-seller-claims-pokemon-go-typo-receiving-thousands-visitors/
▪ http://www.domaininvesting.com/warning-pokemon-is-a-trademark/

Pocket