今さら聞けない!ドメインとは【初心者向け】

Pocket

こんにちは!

新たにドメイン担当になったメイです。

 

ドメイン担当…か。

ドメインってあの、http://…のところだよね。

耳にしたことがあるけど、なんか複雑そう…。

ドメイン担当者になった私が、まず、何から勉強し、どうやってドメインに対する知識を広げていったのか、ご紹介していきたいと思います!

 

それでは、まず、そもそもドメインって何なのか学びたいと思います。

目次

ドメインとは
ドメインネーム(Domain names)

【ドメインとは】

ドメインとは、メールアドレス「info@○○.jp」やURL「http://www.○○.com」の「○○.jp」や「○○.com」の部分のことです。分かりやすいように、よく“インターネット上の住所”と言われていたりもします。家の住所と同じように、住所が誰かと重複することはありません。

ちなみに、「○○」の部分がセカンドレベルドメイン、「.jp」「.com」の部分がトップレベルドメイン(Top-level domain)と呼ばれています。

domain top second

ドメインとは、インターネット上にあるコンピューターを特定するために使われる一定のルールに従って作られた文字列になります。インターネット上でコンピューターを特定しているのが実は「IPアドレス」になるのですが、通常、IPアドレスは「xxx.xxx.xxx.xxx」のように4つに区切られた数値が割り振られています。例えば、「192.123.0.1」「1.123.01.1」という具合にその組み合わせは数は約43億個になるそうで…

そうなると、特定のコンピューターへアクセスしたくても、数字の羅列だとなかなか覚えられません。そこで、その数字の羅列であるIPアドレスに名前を与えたのが「Domain names」になるわけです。

 

【ドメインネーム(Domain names)】

先ほど、ドメインは“インターネット上の住所”という説明をしましたが、正確には“インターネット上の住所を分かりやすく見せるもの”になります。

『GMOブライツコンサルティング』=(仮)『192.123.0.1』=『brightsconsulting.com』

『GMOブライツコンサルティング』を調べたいと言われたときに『brightsconsulting.com』で打ち込んでもらうと一発でサイトが特定できるわけです!これなら、分かりやすいし覚えやすいですよね。

そして、この「Domain names」。家の住所と同じですので、誰かと重複することは絶対にありません。

そのため、「Domain names」を使用するためには登録する必要があります。登録は先着順で基本的に、先に取得する人がいる場合は取得ができません。早い者勝ちです!

最近では、ブランド価値を高めるために商品やサービスごとにドメイン名を分けてホームページを開設することが一般化されています!

どんなドメインでも最初に取得すれば、それが自分のネット上の住所になるので、社名や商品名、サイト名のようにこだわりの文字列は早めに登録した方が良さそうですね。

 

ドメインについてはたった3分で分かる!ドメインの種類まとめにもあるので、合わせてご覧下さい!

Pocket