ドメインとも関わりがある!?知的財産権とは?

Pocket

 

マイです。

今回は、ドメインにも関わりが深い、知的財産権について学びたいと思います。

知的財産か…難しそう。

 

-知的財産権とは

そもそも、知的財産権とは何でしょうか??

知的な財産なわけだから、創造物っぽいですね。

特許庁のページには、以下のように説明されています。

 

人間の幅広い知的創造活動の成果について、その創作者に一定期間の権利保護を与えるようにしたのが知的財産権制度です。知的財産権は、様々な法律で保護されています。

知的財産権制度とは、知的創造活動によって生み出されたものを、創作した人の財産として保護するための制度です。「知的財産」及び「知的財産権」は、知的財産基本法において次のとおり定義されています。』

なるほど。

つまり、知的財産権とは、私たちの出したアイデアの産物を守り適正な運用を行うために不可欠の権利ということです。

では、実際にどのようなものが知的財産として扱われているのでしょうか??

 

-知的財産の種類

知的財産

【産業財産権】※特許庁所管です!

特許

有用な発明をした発明者またはその承継人に対し、その発明の公開の代償として、一定期間、その発明を独占的に使用しうる権利(特許権)を国が付与するもの。

実用新案

物品の形状、構造、組み合わせに係る考案を独占排他的に実施する権利。

(…つまり、既存の特許発明をより使いやすくする為のアイデアを保護し活用する為の権利を与えるものです。特許よりも審査はハードルが低く、発明家の登竜門とも言われています!)

商標

事業者が、自己(自社)の取り扱う商品・サービスを他人(他社)のものと区別するために使用するマーク(識別標識)。

例えば、芸能人やスポーツ選手などの活動もサービスになるので自分の名前も商標登録が可能。

意匠

意匠権(いしょうけん)とは、デザインを保護する権利。新規性と創作性があり、美感を起こさせる外観を有する物品の形状・模様・色彩のデザインの創作についての権利。

 

【著作権】

コピーライトとも呼ばれ、言語、音楽、絵画、建築、図形、映画、コンピュータプログラムなどの表現形式によって自らの思想・感情を創作的に表現した著作物を排他的に支配する財産的な権利。

 

【回路配置利用権】

半導体集積回路の配線パターンや回路素子の配置パターンを保護するための知的財産権。

先端技術の結晶である半導体集積回路を保護することで技術が保護できる。

 

【育成者権】

植物の新たな品種に対して与えられる知的財産権(あるいは無体財産権)。

育成者権者は、登録品種などについて業として独占的に利用したり、他者に対して利用権を設定し、それにより利益を得ることが可能。

 

【商号権】

他人の妨害を受けることなく自由に商号を使用できる権利(商号使用権)と、他人が不正競争の目的で同一または類似の商号を使用することを排除できる権利(商号専用権)とがある。

 

-なぜ知的財産権が必要なのか

さて。知的財産権をいろいろ見てきましたが、なぜ、必要なのでしょうか。

音楽やデザインで著作権侵害が起こった!というようなニュースもちらほら耳にするので、もちろん大事なのは分かりますが…。

 

なぜ必要か。

なぜなら、特許権をはじめとして知的財産権は他人がその発明などを利用することを排除して発明者を守ることなのです。

特許権がなければその発明は保護されません。

例えば、Aという会社が研究開発した新商品。どこからかその情報を仕入れたBという会社がマネして作り、先に販売を開始。その商品は大ヒットしたとしても、Aには1円も入ってきません。Aが研究開発したもので開発するためにかかった開発コストは莫大なのに利益はすべてBに…

そういうことが起こってしまうと、Aのような会社は開発意欲を失ってしまいます。そして、国全体の技術水準が下がってしまい、そして日本経済に大きな影響を及ぼしてしまいます。

そういった事態が起こらないように国が法律の力を使ってその発明の権利を特許庁が守っています。そのかわり、その発明を公開して、それをもとによりよい開発が行われることも期待されますが、もし、マネをする人がいたとしたら使用の差し止めを行ったり、侵害の防止もできます。

守られることによって発明者はさらに研究開発を進めることができ、また、他人の特許の情報を知ることにより、さらに新しい発明のヒントにすることもできます。

こうしたよい循環が日本の発展にも繋がるので、知的財産権が必要なのですね〜

 

知的財産権としてのドメイン名

さて、冒頭にも記載しましたが、ドメインと知的財産は関わりが深いのです!

ドメイン名は、一種の知的財産権としてみなされています。ドメイン名は、重複さえしていなければどんな名称のドメイン名でも条件内であれば自由に取得できます。そのため、新製品の発売と前後してドメイン名を取得し、発売と同時に宣伝の一環としてサイトを開設する企業も増えています。ドメイン名の唯一無二という性質を利用することで、高い宣伝効果を挙げることが可能なのです!

そして、知的財産権という観点から見ればドメイン名は商標と同じ役割を持っています。ドメイン名に使用される単語は、会社や製品の持つ信用そのものを引き継いでいると考えられるから。それは人名でも同じことです。そういった他者の信用を利用する行為は、「不正競争防止法」で取り締まることが出来ます。錯誤を起こさせる名称を利用することは、相手の信用を奪うことになるからですね。

 

ふむふむ。

勉強になりました。

 

昔と比較すると、誰もが新しい創造物を生み出せるようになってきましたよね。その産物を保護しないと、他の誰かに利益が奪われてしまうと…

保護って大事ですね〜!

Pocket